ヨハネ伝11:38-44
(ラザロの復活)
ラザロの復活


38 こうしてイエスは、ご自身のうちで再びうめきを発せられたのち、記念の墓に来られた。それは実際のところ洞くつであり、石がそこに立てかけてあった。

39 イエスは言われた、「石を取りのけなさい」。故人の姉妹であるマルタが言った、「主よ、もう臭くなっているに違いありません。四日になりますから」。

40 イエスは彼女に言われた、「信じるなら神の栄光を見るでしょうと、わたしは言いませんでしたか」。

41 そこで彼らは石を取りのけた。それからイエスは目を天のほうに向けて、こう言われた。「父よ、わたしの願いを聞いてくださったことを感謝いたします。

42 もっとも、常に聞いてくださることを知っておりました。しかし、まわりに立つ群衆のためにわたしは言いました。あなたがわたしをお遣わしになったことを彼らが信じるためです」。

43 そして、これらのことを言い終えると、イエスは大声で叫ばれた、「ラザロよ、さあ、出て来なさい!」

44 死んでいた人が、両足と両手に巻き布を巻かれたまま出て来たのである。そして、その顔も布でぐるっと巻かれていた。イエスは彼らに言われた、「彼を解いて、行かせなさい」。


BACK
acim.jp
「イエスは語る」TOPへ